焼きそば弁当こそ最強のカップ焼きそばである!種類も豊富だがオリジナルが一番である!

はい。ういろうです。

カップ焼きそば食べていますか?

そして、どのカップ焼きそばが好きでしょうか。

UFO?ペヤング?一平ちゃん夜店の焼きそば?

まぁ、それも良いでしょう。

ただし敢えて言いましょう。

焼きそば弁当こそカップ焼きそばナンバーワンである( ゚Д゚)

以上。解散いたします。

ちなみに、何がナンバーワンなの?という疑問があちらこちらから聞こえてきそうなので応えましょう。

スポンサーリンク

薄いナンバーワンの理由

さてさて、私がなぜ焼きそば弁当を推しまくるのか、書きます。

これが一番の理由です。

細麺でありながら、コシがある。

旨すぎ。

旨すぎ( ゚Д゚)

3分待ってはダメです。

2分ぐらいがちょうどよい。

固めが良い。

他のカップ焼きそばにない、特徴的な麺ですね。

ソース

2つ目がソースですね。

液状ソースで、若干甘めです。

これが、

これが、

これが麺によく合うんだな~~~

もうね。

最高です。

あ、そうそう。

私は別添のスープは不要と思ってますがね(^^)

ふりかけはいります。

 

以上が、私が焼きそば弁当を推す理由です。

理由が薄いと思われる方が、いるかもしれませんがご容赦ください( *´艸`)

 

焼きそば弁当には色々な種類があるのです

ここからは、色々な種類の焼きそば弁当を紹介しています。

 

太麺コク甘ソース

 

コク甘ソース味です。

これは、全く関東では見かけませんね。

 

麺の量は90固定です。

これは、他のバージョンも同じです。

 

通常の焼きそば弁当と同じ中身ですね。

 

完成です。

麺が太め且つ、より甘めのソースが旨いです。

が、やはり焼きそば弁当はオリジナル仕様の麺が一番であると再確認が出来ます。

興味がある方はぜひどうぞ!

たらこバター風味

 

たらこ味バター風味です。

これも太麺仕様なんですね。

 

はい。麺量は90gですね。

 

実は、具がほぼありません。

粉末ソース内に気持ち「何か」が入っている程度です。

ピンクの小袋は、バター油です。

 

出来ました。

たらこの粉末スープが、旨く絡みませんw

そして、バター油が適度に混ぜます。

と言うか、ほとんど「たらこパスタ」です。

そして、バター油が効きすぎてくどい・・・

おえ~ってなります(言い過ぎ?)

まぁ、個人的にはこれはお勧めできません。

ちょい辛

 

特製スパイス入りと言われる、ちょい辛バージョンです。

 

 

はい。麺は90gです。

 

 

パッと見分かりませんが、ふりかけが特製スパイスにあたります。

これが曲者なんだな~

 

完成です。ソースはオリジナルと同じなのですが、特製スパイスで辛みが増します。

香辛料ですので、苦手な人はやめましょう。

個人的には、まぁ次はないかなとw

スポンサーリンク

オリジナル

 

こちらが真打オリジナルです。

まぁ、焼きそば弁当の中で、これが一番おいしいのですけどね。

 

 

見慣れた風景です。

今回も頼むぜ!

 

出来ました。

もう、何も言うまい。

出来立ては熱すぎるので、少し冷ましてから一気にかきこむのが最高です。

マルちゃんさすがやで!

 

旨塩

 

塩味のカップ焼きそばといえば、「俺の塩」を思い出しますが、焼きそば弁当の種類にあります。

 

はい。はい。90g。90g。

 

ソースは、液体ソースなのはOK。

好印象。

 

はい。出来ました。

まぁ、これは皆さんが想像しているようなお味ですね。

興味本位で食べましたが、やはり焼きそば弁当はオリジナル一番!!

 

あんかけ風

 

なんと、あんかけ風もあります。

小樽あんかけ風とはなんぞや。。

 

 

とにかく90gです。

そうですとも!

 

このあんかけの素がくせものです。

作り方が面倒くさいです。

まず、いつも通りお湯を入れて3分後捨てます。(スープを作ります)

次に、さらにお湯を指定のラインまでいれてあんかけの素を入れて混ぜます。

この、2回お湯を入れる作業が

カップ焼きそばファンからすると

圧倒的に面倒くさい~~~~

という事です。

 

まず、1回目のお湯入れが完了しました。

添付のあんかけの素を書けます。

そして、2回目のお湯を入れて混ぜます。

 

出来ました。

あんかけ焼きそば完成です。

しっかりとあんかけ焼きそばの味をしていますので、そこは安心です。

が、やはり手間がかかる点では減点ですね。

 

まとめ

大好きな焼きそば弁当に対しても、しっかりと評価させてもらいました。

やはり、オリジナルの味の完成度が高すぎて、他の商品を圧倒していることを再確認した次第です。

北海道以外に住んでいる人たちは、スーパーなどで行っている北海道物産展くらいでしか入手は出来ないでしょう。

それかネットで買うくらいですね。

ソースの味が優しく、子供から大人まで万人に対応している珍しいカップ焼きそばと言えます。

カップ焼きそばが好きで、食べたことがない方はぜひ一度ご賞味ください!