シュリンプヌードルの感想  これではカップヌードルには勝てんぞ…だが凄い歴史だ

はいういろうです。

今回は、東北限定で発売されているカップ麺、シュリンプヌードルをスーパーで発見しましたので紹介します。

私は初めて聞いたのですが、1973年発売ということですが、カップヌードルが1971年発売ということから考えてもかなり古株のカップ麺となります。

エースコックが開発したカップヌードルに挑戦した商品と言えるでしょう。

東北では愛されているということですので、とても興味があります。

 

こちらがパッケージです。

レトロ感爆発ですね。

 

麺の量は50gです。カップヌードルは65gなので少々さみしい印象ですね。

スポンサーリンク

まぁカップの大きさからしても少々小さい印象です。

 

こちらが中身です。

なるほど、シュリンプヌードルということだけあって、エビがたくさん入っています。

そのほかにネギと卵そして、謎肉っぽいのがあります。

かなりカップヌードルに寄せてますね。

いいんですいいんです。

当時は、カップヌードルをまねている商品がたくさんあったと聞いていますかね!

 

 

3分立ちました。

さぁ、実食です。

で、感想ですが、なんというか元祖の壁は高いという印象ですね。

具の視点ですが、エビがカップヌードルより断然小さいです。

シュリンプヌードルなのに~~

エビの数はシュリンプヌードルのほうが多いのは間違いないです。

が、質の面ではカップヌードルに軍配が・・・

スープと麺はカップヌードルっぽいですね。

ただ、麺についてはカップヌードルに軍配です。

謎肉も、小さく食べ応えが・・・

無念なり。

というわけで、以上が感想ですが、個人的にはカップヌードルと比較するのは少々酷な結果となりました。

まぁ東北の人たちに愛され続けて今も販売できるということで、その点は凄いと思いますが。

とはいえ、歴史のある商品なので、もし知らない方がいましたら是非手に取ったらよいと思いました。

では

スポンサーリンク