辛ラーメンを斬る!辛いラーメンを気軽に食べたいならコレ。国産メーカーが見習うポイントも書きます

ほい。ういろうです。

私が辛いラーメンが好きなことは、全国民が知っていることですね。

辛いラーメンと言えば、台湾ラーメンですね。

最強です。

今回は、インスタントラーメンの辛いやつ。

辛ラーメンをレビューします。

 

 

まぁ、有名っちゃ有名ですよね。

スーパーやドラッグストアには必ず置いてある、韓国企業のラーメンです。

ドラッグストアで、3食入り300円くらいで買いました。

まぁ他の国産インスタントラーメンとほぼほぼ同じ単価ですかね。

スポンサーリンク

ちなみに、韓国=辛い食べ物

と言う印象が強いので、この手の辛い系ラーメンは興味をそそります。

逆に、韓国の醤油ラーメン、豚骨ラーメンと聞いても、

全く興味がわきません。地雷の可能性が高いからです。

 

さてさて、後ろを見てみましょう。

アレコレ書いていますが、麺量は、国産のインスタントラーメンより多いですね。

これは嬉しいです。

 

中身はこんな感じ。

かやくがついているのは、大きなメリット。

シイタケとか入っていますw

麺が、丸くてでかい!

 

はい。完成です。

微妙にかやくが写っていますが。

まったく映えず恐縮ですw

辛さですが、辛さが苦手な人にはつらいですが、

程よい辛さです。

キムチ味と言うわけではありません。

チゲラーメンと言えば伝わりますでしょうか。

ポイントが高いのは、麺のコシがしっかりとしているところ。

しっかり煮込む想定の設計なのか、コシが強く美味しいです。

これは、国産メーカも見習うべきです。

結論としては、美味しいです。

辛いだけではなく旨さもしっかりです。

なるほど。

全国で売られているわけですな。

ちなみに、コロナのときにインスタントラーメンが、お店の棚から消えましたが、この辛ラーメンはしっかり売れ残っていましたw

まぁ、非常食と言うのには向かないでしょうからね。

話が全然まとまりませんが、辛いラーメン好きなら絶対ありですね。

蒙古タンメン中本が好きな人も試してみる良いですよ。

何回も言いますが、ラーメンはコシが命ですからね!

では。

スポンサーリンク